< Back

横笛 赤尾三千子の世界「孤明」

旧奏楽堂

孤明
上野、旧奏楽堂。
滝廉太郎、山田耕筰、團伊玖磨と続く、西洋クラシック音楽の道を邁進した人々の思いを辿りながら、なぜ私が團伊玖磨氏の交響曲第六番に出会ったのかを考える演奏会になった。「憾み」「からたちの花」に込められた思いはじゅうぶん理解できる。そして團伊玖磨氏が書いて下さった「夜の対話」がやっとわかった。
どの道を辿るにも時間がかかる。
コロナや雪でバラバラになりそうな私を支えてくださる共演者、お客様、仲間たち。
感謝しかない。